stylized Handpainted

ルック検証

逆光のライトを作ってPencil+4でレンダリングしたキャラを、”stylized Handpainted” の画像と合成。 stylized Handpainted” はノンフォトリアルな景観作成に重宝する。自分のアニメ作品の背景作りにも役立つこと間違いなし。

Pencil+4 ペンの入り抜き

肌の質感2

Pencil+4 for Mayaで、ノンフォトリアルなシェーダーが作れます。ペンの入り抜きは、繊細なところまで設定できます。ペンタッチは作品のルックにも大きく影響するので、何回も検証を重ねます。レンダリングが早いので、ストレスもあまり感じることなく作業ができます。

Pencil+4 for Maya

肌の質感ルック検証1

Pencil+4のMaya版がリリースされて1年。ペンの入り抜き加減を探りつつ、ノンフォトリアルな画作りをお試し中です。まず初めは質感と陰影を持つハイブリッド版。 アウトラインのアルファの入り抜きを調整すると、鼻筋や顎の稜線などの輪郭の表情が豊かになります。

Pencil+4 逆光

逆光のライト

逆光になるようにSpot lightを2灯配置。Pencil+4の場合、softwareレンダリングなので、Directional light 、Point light 、 Spot lightで試してみたが、 Spot light が一番逆光の画作りに役立った。Cone angleがミソでした。

ノンフォトリアルな画風

べた塗りなセルルックにして、Stylized Forestで作成した背景を合成してみる。落ち影が画の雰囲気を左右する。

Stroke Alpha Reduction Settings

Pencil+4のアウトライン作成(この記事は途中です)

3d model(Cartoon Models)

HyperShade

Outlineの設定

アウトラインの設定は、Penci+4メニュー>Open Ouline Window

肌に設定したPencil Material

Brushの設定

辨天橋オンNew辨天橋

辨天橋オンNew弁天橋

2020年4月、桜木町駅に新しい改札口 が出来る。(写真左)そこから 新しい 横浜市役所建物(写真右)にかけて橋が建設中。この橋が完成すると、 桜木町駅 から市役所までダイレクトにアクセス可能になる。便利になる。2020年に向けてあちこちで工事が佳境である。

木こりの神様

木こりの神様より

フェイシャルリグに拘りました

リアルな質感はこってりしていて苦手。 手書きでさくっと描いた感を目指した 。Mayaでモデリングしてリグも組んで、フェイシャルもセットアップしたけどそんなに手間をかけたようには見えないんでしょう。

石頭少女

パンク少女

パンク少女

石頭の少女を主人公にした物語を作成中です。
頭蓋骨の硬さに、個人差はないように思うのですが、
鍛えようによっては、頭蓋骨は、岩をも砕く硬さになるそうで。